雨にも負けず!?

アメニモマケズ、風にも負けず

記事

01.コーンウェル

パトリシア・コーンウェルの作品を少し揃えた。かつて読んでいたときと同じような品揃えになる。最近久しぶりに読書をして小説の中の風景描写を見ながら、読書の楽しさを感じたけど、外国人作家の場合風景描写が多いような感じもする。この風景描写が結構いい、情景を心に思い描くにはなくてはならない素材だから。

02.ハヤカワミステリー文庫

ざっと見た感じだとハヤカワの方が講談社に比べて柔らかい感じを受ける。ハヤカワミステリーは以前よく読んだのでストーリーを少し覚えてる本もある、きょうは1冊だけにしておいた。「サラ・バレッキーのミッドナイトララバイ」は未読だった。最近は講談社ミステリー文庫の方がなかなかいい感じがする。少し読んで見たけど、この本は高校生向きかもしれない。

03. 検屍官

さすがに講談社ミステリー文庫は違うとは思う。苦味の効いたアイスコーヒーみたいなものだ。このくらいの方がミステリーには合うような感じだ。