雨にも負けず!?

アメニモマケズ、風にも負けず

記事

01. おんな

男をいいように使って利用することを当然のことのように思ってるのかもしれない。なあーとは思うことがある。

02. 目には目を

「目には目を・・・・」というのは常識なのである。「覆水盆に返らず」ともいう。

03. デイケア

デイケアには性格の悪い患者がたくさんいる。重症な訳ではなくて、性根が腐っているわけだ。あれじゃあ治らないのかもしれない。だけど、完治したという連中の写真を見ても完治してるようには見えないけど、あれで本当に完治してるのかねえーとは思う。統合失調ってみんな性格が悪いのかもしれない??とは思う。

04. 最悪

例えば、「気がついたら殺していた」とかいうことになると大変だが、そうんな風に「記憶が飛ぶ」ということはないけど。「願望が叶う」そんなふうに「事がいつの間にか進行してしまった」場合、患者は「自分がやったことではない」という妄想を抱き「他の人格の仕業に違いない」という「妄想を抱く」のかもしれない。それは「記憶が飛んだ」だけのことかもしれない。

05. 願望

普通「願いが叶う」ことはないが、「記憶が飛ぶ」ことは、それに似ているのかもしれない。

06. 否定

人は理解できない事が起きた時に、その現実を理解することは困難であるとは思うので、おそらく「否定」するのだろうと思われる。

07. 核心

私はまだ確信を述べていない。つまり核心というのは、飛んだ記憶のことなのだが、それがスムーズに理解できれば、患者は色々妄想して他人格のせいにするといったようなことにはならないだろう。ただ他人格のせいにするということは、患者は「自分がやった」ことには確信を持っていて、記憶は飛んでいないということになる、「一見辻褄が合う」ように思える。「記憶が飛ぶ」といのは少からす患者にとってはショッキングなことだろう。

08. 記憶にない

つまり、そういうことだろう。

09. 全自動洗濯機

まあそういうことでもいいんじゃない。スイッチが入ったのかもしれない。